忍者ブログ

caramel 紅茶缶。

お菓子と日々の戯言と。

  • « 2019.08. 
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2019 
August 18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012 
May 01
先日、写真展へと出掛けて来ました。
以前たまたまTVで紹介されて気になった、写真家堀野正雄さんの「幻のモダニスト」。
本当に偶然ですが、美術館で監視のお仕事をしている友人がそこの展示場に今回居るのだとかで。
何と優待券を送ってくれたのです!
これは絶対観に行かなくては♪と、いそいそと東京都写真美術館へ。

写真は1930年代を中心に撮られたもので、約80年前の日本の景色や人物に触れてきました。
当時の年代を考えて写真を見るとモデルさん方の笑顔が想像以上に明るく、
この方達が今迄の歴史を支えてきてくれたのだなぁと。
そして今では写真に笑顔で写るのはごく普通ですが、
当時「にっこり笑う」写真を初めて撮ったのがこの写真家さんなのだそう。
そう言えば、昔の写真って皆さん無表情で写っているものが多いような気がしますよね。

また、別の階で海外の写真家さんの展覧会も見てきました。
なんとお江戸の町並みをパノラマ写真で撮影してあり、まさかの時間旅行!
当時の日本は、まだ浮世絵等で似顔絵を残していたのに。
それはとても不思議な感覚でした。
しかも当時のお江戸の町民の皆さんが、そんなに「昔!!」って雰囲気ではなくて。
昭和初期?と感じてしまうくらいに私の中では近い時代に感じられてしまい、
外国の方からの目線で新しい日本の発見をした有意義な一日でした。


PR
2012 
April 12
久しぶりに会う友人達と、本日は地上15階でのランチ!

3ca0aaba.jpg

お日様もご機嫌だし、空も青いし♪
素敵なランチになりました。

お出掛けしたのは渋谷のLegato(レガート)さん。
http://www.legato-tokyo.jp/jp/shibuya/menus/lunch/23
今回は友人が予約を取ってくれました。
平日はビュッフェランチが¥1200からとリーズナブルで、
お味も景色も店内もとっても素敵でした♪

78fa2dd4.jpeg

予約は窓際をと友人が手配してくれたのですが、席の後ろには桜の生木が♪
ランチを楽しんでいる間にもはらはらと、
隣の友人の肩や膝に舞い落ちてとても風流なひと時でした。

1e2bb62b.jpeg

正面が全面の鏡張りだったので、
背中にあった桜の木を私も楽しみつつ食事が出来ました♪
お喋りは尽きないですね。
いつも楽しい時間はあっという間。

b5df5194.jpeg

頂いたのは「桜と貝柱のリゾット」。
口の中に入れるると桜の香りがふわりと香り、
春の香りを楽しみつつ優しい味わい。
季節の香りを楽しめるのって何だか嬉しいですよね。

cb5dbda1.jpeg

食後にはローズヒップティーを。
ビタミンCの爆弾☆(笑)
冬場に好むハーブティーは甘酸っぱく身体に優しい美味しさです。
ああ、楽しかったな。
久しぶりに会う友人達とのお喋りは尽きなくて、
昨日の夢のお話しに「もしも」なお話しも。
また、皆で出掛けたいね。
楽しかったね。



2012 
March 25
本日はお琴のライブを聴きに高円寺へとお出掛け。
「Ramses」ラムセスと言う琴奏者二人とジャズギタリストのユニットで、
自由な発想で色んな演奏にチャレンジされているお三方。
今日はオペラ歌手のお友達が歌い手でゲストとして出演する、と言うこともあり。
これは一度聴きに行ってみなくては、と。
13弦のお琴と17弦のお琴、そしてギターにオペラ歌手。
これだけ聞いただけでは、きっと皆さん想像がつかないですよね。(笑)
こんな色んなジャンルの垣根を越えての融合って、
きっと他では絶対見られないだろうなぁ。
お琴でジャズやフランス歌曲まで幅広くですよ?
当たり前の取り合わせよりも新しい事を試みてみる事は、
より個々の素晴らしさを引き出して生かせるのだろうなぁ。
まるでお料理のスパイスのよう。
演奏を聴きながら一番しっくりと感じたのはそんなような事でした。

今日一聴いてラムセスさんの楽曲で気に入った楽曲は
「サボール」と言う曲で、ギタリストさんの作曲されたもの。
ゲストさんがご一緒の演奏で凄い!!と感じたのは「紅の魔方陣」と言う楽曲。
なんと尺八のパートをオペラ歌手が歌うと言う偉業の演奏。
でも、これがまた格好良かったんですよねぇ。(笑)
2012 
February 02
本日は写真家まーこちゃんの参加している写真展へ。
舞台写真家さん達が撮影してこられた、
役者さん方の演技をしている「一瞬の眼差し」を見つめに行きたいと思います。
写真の事は難しくてよく分かりませんが、彼女の撮る一枚は温かさや力強さを感じる事が出来て、好き。
きっと彼女の人柄の温かさや力強さも、
時間を切り取る事の出来る「写真」と言う魔法の紙へ写りこむのだろうね。

gyarari-.jpg

本日から8日まで四谷のポートレートギャラリーにて展覧会だそうですので、ご興味のある方は是非。
舞台写真って観劇に行った時とはまた違って見えて、
役者さんの演技している一瞬を切り取ってある状態ですよね。
観客席で見るよりも違った一面が見えて、その表情にどきっとする事があります。
今日は友人が在廊予定だと伺ったので、久しぶりの再会。
ご近所なのに、最近中々お邪魔できていなくて寂しいので
彼女に会えるのも嬉しいお楽しみです。

夕方は写真展の後、西荻窪にて親しい方達とちょっとした飲み会。
こちらも中々会えずにいたお久し振りの方が居らして、楽しいお出掛けになりそうです。
それにしても、この快晴にこの寒さ!
もうちょっとだけ気温が上がったら、もっと素敵なのにな。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ









2012 
January 29
代謝を上げる為に、最近湯屋へと出掛ける機会が増えました。
今年の頭に行ってみた、最寄駅からバスでちょっとの距離のスーパー銭湯。
週末はおばあちゃま方が多くて、まるで寄合の場のようです。

ですが、平日に行くとほぼ貸切のような状態で、何だかプチ贅沢な気分。
かなりリーズナブルですね。(笑)

思いっきり手足の伸ばせる広いお風呂は本当に楽しくて、
帰り道は身体の芯からぽかぽかになってとても心地良いもの。

今日は週末だから、多いだろうなぁとは思ったのですが、
・・・これが意外に空いておりまして。
寒かったからなのかしら?

人口露天では風が物凄く、植えてある木々が波打つように揺れてました。
自宅を出てから湯屋までの道のりは、足の先の感覚がなくなり「とにかくお風呂!」と言う気持ちになり。
着いてからは、とにかく急いで体を洗い室内の浴場へ。
足先の感覚が少しずつ少しずつ解けるように甦ってくる感覚を楽しみつつ、
10~15分の間隔で何度も繰り返し入浴を楽しみました。

gannbannyoku.jpg

大体此処へ来ると岩盤浴も一緒に楽しむのですが、
あの汗がじわじわ流れていく感覚は真夏の九州のようですね。(笑)
岩盤浴に入る度に思い出すのが、実家の熊本の熱帯夜。
ああ、あれは岩盤浴クラスなのね・・・と思いつつ。
今日は屋内風呂、人口露天、岩盤浴、電気風呂、ジェットマッサージ湯等を
繰り返し楽しんでは身体を温めてきました。
代謝が落ちると、免疫力も下がりますものね。


ブログランキング・にほんブログ村へ










[1] [2] [3

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]